包茎治療の保険適用について

包茎治療の保険適用について

包茎でお悩みの方が病院での治療を考えた時に気になるのが保険適用されるのかどうかということでしょう。
一般的に保険が適用される条件は、日常生活に支障をきたすかどうかということや放置しておくと他の疾患を発症する可能性が高いということとなっています。

この条件に当てはまるのは真性包茎やカントン包茎となりますので、この二つの状態であれば基本的には適用されると考えられます。

ただし、これは一般的な泌尿器科などで治療を受けた場合に限った話となります。
包茎治療を専門に行っているクリニックなどは元から保険適用の医療機関ではないことが多いため、そうしたクリニックでの治療を受けた場合は自由診療となり、費用の負担が大きくなると考えられます。

また最も多くの人が悩んでいる仮性包茎についてですが、この場合、真性やカントンと違って見た目の問題による精神的な負担はあるものの、日常生活に支障をきたすほどの病態ではないと判断されるため、適用対象外となるのが一般的です。

ただ費用が高額になるからという理由で病院に行かないというのは少し問題です。
仮性だと思っていたら真性だったというケースも実際に少なくはないため、自分の状態をきちんと見極めるためにも、まずは病院で診察を受けることが重要なのです。

包茎手術・包茎治療を福岡県福岡市でするならココがお勧め!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ