包茎の種類

包茎の種類

包茎には4種類あると言います。仮性、真性、カントン、埋没の4種類です。

それぞれに異なった種類ですが、時には、同じような問題が発生し、それに対してお悩みを抱える人が少なくありません。

どのタイプも皮をかぶっているために、汚れがたまりやすく、感染を起こしやすいということが問題にあげられます。
またその汚れがもとで、臭いが発生することもあり、パートナーに不快な思いをさせているのでは考えている人も少なくないのです。

仮性の場合は、包茎の中で最も多いタイプの1つです。性交渉時の場合には、軽度の包茎では亀頭の露出も可能ですが、重要になるとそれが不可能な場合もあります。真性の場合は、亀頭が露出できない場合を言います。

カントンはあまり聞きなれないタイプです。平常時には、亀頭の露出は可能ですが、性交渉時に、包皮の出口がきつく、無理に露出させるともとにもどらなくなってしまう症状が出ます。酷い場合には、緊急の手術が必要なこともあるのです。

最後に埋没したタイプは、脂肪があついために、性器自体が極度に短く見えて埋没しているタイプを言います。
包茎のタイプによって、治療法も全く変わってくるのです。そのために適した治療を行うことが大切です。

包茎手術・包茎治療を福岡県福岡市でするならココがお勧め!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ